【中国語の初級文法|副詞の使い方】

【中国語の初級文法|副詞の使い方】

副詞は述語部分の装飾が目的で動詞・形容詞を修飾します。

動詞や形容詞を修飾して表現をより一層明確なものにしますが、役割として肯定や否定、時間や範囲、程度や頻度、語気や状態などを具体化する働きがあります。

基本表現を覚えてみよう

例文1:我也参加今天的足球比赛。

ピンイン:wǒ yě cānjiā jīntiān de zúqiú bǐsài

日本語訳:私も今日のサッカーの試合に参加する。

※動詞は”参加”なので、副詞の”也”はその前の部分に入ります。

例文2:他们都是日本人。

ピンイン:tāmen dōu shì rìběnrén

日本語訳:彼らはみんな日本人です。

※注意したいのが、この文で動詞は”是”(英語のbe動詞に近い)だということです。ですから、副詞の”都”は動詞”是”の前に入ります。

例文3:那里的风景多么漂亮啊!

ピンイン:nàli de fēngjǐng duōme piàoliang a

日本語訳:あそこの風景はなんて綺麗なんでしょう!

※多么+形容詞で「なんて~だろう」と感嘆文を作る時に用います。

副詞が文頭に来ることもあります

“大概” dàgài(多分)や”恐怕” kǒngpà(恐らく)などがあります。

例文:恐怕她不会同意。

ピンイン:kǒngpà tā bùhuì tóngyì

日本語訳:恐らく彼は同意しないだろう。

名詞の前に置くことができる副詞もあります

“都”dōu(もう、すでに)や”只”zhǐ(だけ)などがあります。

例文:都十二点了,你回来吧!

ピンイン:dōu shí èr diǎn le , nǐ huílái ba

日本語訳:もう12時だ、帰って来なさい!

副詞を上手に使いこなすコツは、先ず動詞や形容詞がどこにあるか見極めてから装飾する副詞を考えて加えます。

中国語は語順が命なので、必ず動詞や形容詞の前に置くようにしましょう。慣れてくると表現の幅が広がりますので、文章力がレベルアップするのを感じることができます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ビジネスマン・お子様・主婦など老若男女問わず人気のある
ただ一つの中国語教室「楽学堂」!
毎日無料体験行っております☆
お気軽にご連絡ください!

【☆こんな方におすすめ☆】
◆仕事で中国語が必要な方◆
◇旅行で中国に行きたい方◇
◆中国に留学を考えている方◆
◇中国人の友達を作りたい方◇
◆中国語検定・HSK検定を控えている方◆

【楽学堂の魅力】
◆無料体験レッスンがなんと2回!!◆
◇他には無い月謝制!!◇
◆最安値1レッスン/¥2,750!!◆

♫まずはお問い合わせ♫
TEL:080-1762-0722/FAX:03-6279-0680
E-mail:top@rakugakudo.com

【沖縄校】
http://沖縄中国語教室.jp
住所:〒900-0012
沖縄県那覇市泊1-6-4 石原ビル2F

【新宿本校】
http://www.新宿中国語教室.jp
住所:〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-3-3 品川ステーションビル4F

#楽学堂 
#中国語 #沖縄 #中国語教室 #那覇
#中国語口語速成  #検定対策
#週末の中国語 #中国語の文法 #中国語会話
#ビジネス中国語
http://沖縄中国語教室.jp
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

関連記事

  1. 【中国語|新語ネット語白菜价+红船精神+矩形时间+独角兽公司…

  2. 【中日ハイレベル経済対話、8年ぶり再開の理由】

  3. 【中国語の勉強|動詞+目的語 フレーズ】

  4. 【中国語の勉強|11月11日は何の日?】

  5. 【New】8月開講ウエルカルチャースクール

  6. 【楽学堂中国語教室|面白い表現「〜〜族」】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。