2017/8/29/火曜日 中国の伝統的な祭日「七夕節」

2017/8/29/火曜日 中国の伝統的な祭日「七夕節」

中国の伝統的な祭日「七夕節」は旧暦の7月7日。
日本では旧暦ではなく新暦の7月7日に祝われるようになっている。
中国では近年、七夕は中国伝統の「バレンタインデー」とも言われているが、日本ではお願い事をする日とされている。

相传自南北朝起,农历七月七日是天上牵牛星与织女星一年一度相会的日子,俗称「七夕」。 逐渐也成为中国的「情人节」,情人在这一天互赠信物结缘,两情久长绵延。 传说天上玉皇大帝有七个女儿,小女儿织女最聪明可爱、手艺又巧。 玉皇大帝有一群牛,交给一位牛郎的年轻人管理。 两人情投意合、热恋,甚至荒废原本的工作。 玉皇大帝生气,叫喜鹊告诉牛郎织女要节制,七日见一次面即可。 没想到喜鹊传错话每天都可以见面,他们高兴无比,更把工作完全抛在脑后。 玉皇大帝龙颜大怒,降旨他们每年仅能在农历七月七日的晚上才能见面。 后来织女被王母娘娘带回天庭,拆散他们美好的婚姻。 牛郎追上天庭,终被王母娘娘的天河所隔。 后来,牛郎和织女的忠贞爱情感动了喜鹊,千万只喜鹊飞来,搭成鹊桥,让牛郎织女走上鹊桥相会,王母娘娘对此也无奈,只好允许两人在每年七月七日鹊桥相会。 七夕当天通常都会下着毛毛雨,象征两人倾诉相思的泪水。

中国の「七夕節」の起源

昔、天帝の娘.織女と牽牛がひそかに愛し合い男女をもうけたが、天帝の怒りに触れ、織女は人間の世界から追放されてしまう。
その後、織女と牽牛は1年に1度、旧暦7月7日のみしか再会を許されなくなった。 七夕の夜、天の川を隔てて輝く、 わし座 の1等星アルタイル(牽牛星)彦星と こと座 の1等星べガ(織女星)織姫が 一年に1度だけ逢うことを許された夜…
それが七夕。

夜空に輝く天の川のほとりに、天帝の娘で織女と呼ばれるそれは美しい天女が住んで居いた。
織女は、天を支配している父天帝の言いつけをよく守り、毎日機織りに精を出していた。織女の織る布はそれはみごとで、五色に光り輝き、節の移り変わりと共に色どりを変える不思議な錦。天帝は娘の働きぶりに感心していたのだが、年頃の娘なのに化粧一つせず、恋をする暇もない娘を不憫に思い、天の川の西に住んでいる働き者の牽牛という牛飼いの青年と結婚させることしたのだという。

こうして織女と牽牛の二人は、新しい生活を始めるのだが、二人は新婚生活に夢中で、織女は機織りをしなくなってしまう。

天帝も始めは二人の様子を新婚だからと大目にみていたのだが、さすがに我慢の限界を超えてしまったようで、2人の所へ出向きこう言った、
「織女よ、はたを織ることが天職であることを忘れてしまったのか。心得違いをいつまでも放っておく訳にはいかない。再び天の川の岸辺に戻って機織りに精を出しなさい」
そしてさらに・・・
「心を入れ替えて一生懸命仕事をするなら1年に1度、7月7日の夜に牽牛と会うことを許してやろう」
と。

織女は父天帝に背く事もできず、牽牛に別れを告げると、うな垂れて天の川の東に帰って行った。
それ以来、自分の行いを反省した織女は年に1度の牽牛との再会を励みに、以前のように機織りに精を出すようになる。

牽牛も勿論思いは同じ、働いて働いて…7月7日を待つ。
こうして、牽牛と織女は互いの仕事に励みながら、指折り数えて7月7日の夜を待つことになった …

ところが、2人が待ち焦がれた7月7日に雨が降ると、天の川の水かさが増して、織女は向こう岸に渡ることができない。
川下に上弦の月がかかっていても、月の舟人は織女を渡してはくれず・・・。
2人は天の川の東と西の岸辺にたたずみ、 お互いに切ない思いを交しながら川面を眺めて涙を流す。

7月7日に雨が降れば…
そんな2人を見かね何処からともなくかささぎの群が飛んできて、天の川で翼と翼を広げて橋となり、織女を牽牛のもとへ渡す手助けをしてくれるのだ。

⚠️中日関係⚠️

无印良品社长谈海外战略,以中国为中心。运营生活杂货店“无印良品”的日本良品计划公司正在顺利扩大海外业务。通过以亚洲为中心的积极开店,2017年7月其海外店铺数量超过了日本国内。此外,年内还计划在中国涉足酒店业务。

#楽学堂 
#中国語 #沖縄 #中国語教室 
#中国語口語速成  #検定対策
http://沖縄中国語教室.jp

関連記事

  1. 【中日対訳】20のキーワードで見る2018政府活動報告

  2. 2017/9/10/ 日曜日 【教師の日に贈る言葉】

  3. 【中国語文法》比較文|4つのパターンを暗記しよう】

  4. 2017.12.27 水曜日 【度量衡の中国語読み方】…

  5. 【人気ドラマ「延禧攻略」の衣装に施された刺繍が話題 中国伝統…

  6. 【中国語の文法|指示代名詞と人称代名詞】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。